車両保険とは一体何?

車両保険の内容と特徴

数ある自動車保険の中でも、比較的重要とされているのが車両保険です。車両保険とは、文字通り自身が所有している車に何らかのトラブルが起きた場合に補償が受けられる保険になります。こちらの保険の大きな特徴の一つが補償範囲の広さで、一般的な事故によるトラブルはもちろん、盗難や車への落書きやいたずらの被害でもお金を受け取ることが可能です。 事故による車の破損は状況によって大きく異なり、被害の大きさによっては修理ができずに買い換えることになるケースも少なくありません。そういった場合も、車両保険に加入をしておけば支払われた保険金を購入の費用に充てることができます。自然災害による被害も対象となっているので台風の影響を受けやすい地域に住んでいる人は特に重要です。

車両保険の上手な使い方

前述したように、車両保険は様々な車のトラブルの補償をしてくれる心強い物ですが、利用する上で気を付けなくてはいけないのが等級です。
自動車保険は等級と呼ばれるランクが用意されていて、ランクによって保険料の割引や支払額が変わる仕組みとなっています。この等級は一部の例外を除いて6級からスタートをするのが一般的です。
保険を使用しなければランクは上がって保険料の割引率が高くなっていき、保険による修理を受けると条件によってはランクが下がってしまいます。これは車両保険も同様で、安易に保険を使ってしまうと保険料が高くなってしまうので注意が必要です。そのため、修理に掛かる費用の度合いによって保険と実費を使い分けることが上手な車両保険の使い方になります。

© Copyright Comprehensive Car Insurance. All Rights Reserved.