賠償責任保険はどんな補償が受けられる?

被害者の状態に合わせた3種類の補償内容

万が一事故を起こしてしてしまい、被害者がいた場合、被害者の状態に合わせた3種類の賠償責任保険の補償が受けられます。

1つ目は負傷した被害者のケガの補償。被害者1名につき、治療費、入院費、休業損害、慰謝料など、最高120万円が支払われます。2つ目は後遺障害の補償。事故によって被害者の生活や仕事、将来にまで支障がでるような障害が残ってしまった場合には、その後遺障害の程度により、被害者1名につき第14級の最高75万円~第1級の最高3000万円が支払われます。ただし常時介護が必要な場合においては最高4000万円、随時介護が必要な場合においては最高3000万円が支払い限度額となっています。そして3つ目は死亡の補償。死亡事故の場合は本人および遺族に対して、被害者1名につき最高3000万円の損害賠償金が支払われます。また、死亡に至るまでのケガの補償もあり、最高120万円が支払われます。

賠償責任保険の期限切れに注意

通常、賠償責任保険への加入や継続の手続きは、新車を購入する時と車検を更新する時に行われ、合わせて保険料も納めることになりますが、 賠償責任保険は公道を走る全ての車やバイクは強制加入の保険となっています。期限切れのまま運転し事故を起こすことはもちろん、期限切れのまま運転すること自体も罰則の対象となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることになります。また、期限切れのまま運転した場合、交通違反点数はマイナス6点となっているので、一発で免許停止になってしまいます。その他にも、賠償責任保険の証明書を車に積んでいないことも罰則の対象となり、30万円以下の罰金が科せられます。このように、賠償責任保険の期限切れには重い罰則がありますので注意が必要です。

© Copyright Comprehensive Car Insurance. All Rights Reserved.