自動車保険の種類

自動車保険には強制保険と任意保険がある!

自動車の保険は、おおまかに分けますと、強制保険と任意保険があります。自動車を運転する方なら、どんな人でもしっかりと把握しておくことが求められます。 強制保険は ありとあらゆる車を利用する局面で、法…

賠償責任保険はどんな補償が受けられる?

万が一事故を起こしてしてしまい、被害者がいた場合、被害者の状態に合わせた3種類の賠償責任保険の補償が受けられます。1つ目は負傷した被害者のケガの補償。被害者1名につき、治療費、入院費、休業損害、慰…

車両保険とは一体何?

数ある自動車保険の中でも、比較的重要とされているのが車両保険です。車両保険とは、文字通り自身が所有している車に何らかのトラブルが起きた場合に補償が受けられる保険になります。こちらの保険の大きな特徴…

自動車保険で安心運転

車を安全に使用するために、自動車保険に加入することは、大変重要なことです。もしもの事故に備えましょう。

選び方

色々なタイプの自動車保険があるので、どれに入れば良いか迷いますよね。万が一の時に補償が受けられる大切な保険なので、何となくで選ぶわけにはいきません。では、失敗しないための自動車保険の選び方を紹介しましょう。

特約はつけたほうが良い?

保険料を節約したいならつけない

自動車を保有するなら自賠責保険には必ず入らないといけません。この保険はどの損保会社からでも加入でき、保険料も同じなので特に比較する必要はありません。自賠責だけでもそれなりの補償がありますが、できれば任意保険の対人損害賠償にも加入しておいた方が良いでしょう。その他任意保険は自分で色々な補償を特約としてつけられるので、不安に感じている部分があるならつけておくと安心してカーライフを過ごせます。ただしできるだけ保険料を節約したいならあまり特約を付けるのは良くありません。特約を付ければその分保険料が上がり、自動車の維持費をアップさせてしまいます。各社を比較して保険料を安くしようとするぐらいなら、まずは特約を外すようにしてみましょう。

弁護士費用補償を付ける意味を知る

自動車事故には自分の不注意で起きるものと相手の不注意で起きるもの、その他色々な要因で起きるものがあるでしょう。自動車保険を節約しようと安全運転を心掛けている人なら、自分の不注意の事故はあまり起きないかもしれません。そんな人は自動車保険を使う機会も少なく、特約もそれほど必要なさそうです。でも安全運転をする人ほどつけておいた方がいい特約として弁護士費用補償があります。事故後の相手との話し合いで弁護士が必要になるとき、その費用を補償してもらえる特約です。通常は保険会社が話し合いをしてくれるので弁護士はあまり必要になりません。しかしもらい事故などで過失割合がゼロだと保険会社は対応できません。その時に弁護士が必要になり、特約があると負担を軽減できます。

© Copyright Comprehensive Car Insurance. All Rights Reserved.